ホテルふたり木もれ陽
 
電話番号 0829-56-0111
ホテルふたり木もれ陽
 
当ホテルについて 客室 お料理 エステルーム レストラン 施設案内 アクセス
ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび ジオパーク
ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
ジオパークって何?
ジオパーク(Geo Park)の「ジオ(Geo)」は、「大地」や「地球」という意味で、直訳すると「大地の公園」や「地球の公園」になります。
ジオパークは、ジオ(大地・地球)に親しみ、ジオを学ぶ旅(ジオツーリズム)を楽しむ場所です。
足元の地面の下にある岩石から宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、山と川と海と大気とそこに住む生物について考える、つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
富戸・城ヶ崎海岸北ジオサイト(伊東エリア)
城ヶ崎海岸は、約4000年前に噴火した大室山から大量の溶岩が相模灘に流れ込むことでできた、複雑な溶岩地形です。富戸・城ヶ崎海岸北ジオサイトは、城ヶ崎海岸の北部で、溶岩流の表面構造や柱状節理が作る複雑な地形と海が織りなす美しい景観を楽しむことができます。
城ヶ崎海岸北部には、歩きやすい遊歩道(全長3km城ヶ崎ピクニカルコース)が用意されています。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
城ヶ崎海岸南ジオサイト(伊東エリア)
城ヶ崎海岸は、約4000年前に噴火した大室山から大量の溶岩が相模灘に流れ込むことでできた、複雑な溶岩地形です。
城ヶ崎海岸南部は、美しい自然を残す遊歩道(城ヶ崎自然研究路:全長6km)が用意されています。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
伊東温泉ジオサイト(伊東エリア)
伊東温泉ジオサイトは、古くから親しまれてきた伊東の温泉街がを中心としたサイトです。
伊東市役所が建つ物見が丘溶岩台地からは、伊東温泉の街並みを一望できます。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
大室山ジオサイト(伊東エリア)
伊東といえば大室山で、 観光地としても人気スポットのひとつです。
標高580mの山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山です。 大室山ジオサイトでは、約4000年前にできた伊豆東部火山群で最大のスコリア丘である大室山(国指定天然記念物)の地形と山頂から見える火山が作り出したさまざまな地形を楽しむことができます。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
小室山ジオサイト(伊東エリア)
小室山は伊豆東部火山群のひとつで、約15000年前の噴火でできたスコリア丘とその周囲にできた溶岩台地を楽しむことができます。
小室山の山頂からはまわりに広がる火山地形を一望できる展望台があり、 伊豆半島東部の地形を概観する場所としてもみどころがたくさんあるサイトです。

ホテル  ふたりこもれび ふたり木もれ陽 ジオパーク
一碧湖・梅木平ジオサイト(伊東エリア)
一碧湖や梅木平は、伊豆東部火山群のひとつで、約10万年前の爆発的噴火によって生じた火口です。
10万年前の噴火は、梅木平−沼池−一碧湖(大池)−荻−門野 という直線状に並んだ火口が噴火した「割れ目噴火」でした。 一碧湖では大室山の溶岩が流れ込んでできた「十二連島」と、沼池の貴重な植植物、梅木平では国道135号線が通る火口(タフリング)の地形や溶岩流がそれぞれ特徴となっています。

ホテル ふたり木もれ陽 ふたりこもれび  ジオパーク
宇佐美・御石ヶ沢ジオサイト(伊東エリア)
宇佐美・御石ヶ沢ジオサイトでは、伊豆の陸上大型火山のひとつである宇佐美火山の溶岩流が良く観察でき、それらを採掘した江戸時代の採石場跡が残されています。
宇佐美の行蓮寺には1703年元禄関東地震の津波供養塔があり、石段には1923年大正関東地震の際の津波の高さも記録されています。
 

ホテルふたり木もれ陽 ふたりこもれび ご予約